読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

用語の研究員対策ブログ

用語の研究員対策ブログ

アセチル化

生物学用語辞典「アセチル化」のツイート情報です。

 

【DMAE (ジメチルアミノエタノール)】 DMAEは血液脳関門を通過でき脳内の酵素でメチル化されてコリンになり、更にアセチルCoAを利用してアセチル化し、アセチルコリンとなる。このようにして、DMAEは脳内でアセチルコリンを合成を高める働きがある。
Fri Jul 29 01:30:01 +0000 2016

ヌクレオソームはリンカーDNAとヒストン8量体からなり、絡まりやすいDNA鎖を染色体に圧縮し、遺伝子の発現を調節している。 コアヒストンのN末端のリジンなどをHATがアセチル化することによりコアヒストンとDNAの電気的結合が弱まり、エピジェネッテック的な発現を促す。
Thu Jul 28 22:39:23 +0000 2016

【薬理】グルクロン酸抱合⇒ビリルビンステロイドなどにグルクロン酸を付加し極性を高め尿中、胆汁中に排泄しやすくする。滑面小胞体酵素がある。猫で欠く。 硫酸抱合⇒水酸基・アミノ基に硫酸基が付加され、水溶性のエステルができる。豚で欠く。 アセチル化⇒別名エタノイル化(?)犬で欠く。
Thu Jul 28 14:40:14 +0000 2016

答 10-3-2 補酵素A(CoA)の末端の(チオール(-SH))基がアセチル化されたものをアセチルCoAという。
Thu Jul 28 14:32:01 +0000 2016

問 10-3-2 補酵素A(CoA)の末端の( )基がアセチル化されたものをアセチルCoAという。
Thu Jul 28 14:01:53 +0000 2016

Q.フェノールと酢酸の反応では、水ではなく、酢酸ができているのにこれをどうしてエステル化と呼ぶのですか?どう見ても、これはアセチルカだと思うのですが A.アセチル化はエステル化の一種 エステル化は脱水縮合の一種 よってアセチル化の時点でエステル化です。
Thu Jul 28 13:32:00 +0000 2016

コハク酸セミアルデヒドヒドロゲナーゼ (アセチル化)
Thu Jul 28 11:32:52 +0000 2016

可逆的後天的DNA修飾で塩基のメチル化、アセチル化とかまあいろいろ 翻訳後修飾でーりんさんか
Thu Jul 28 11:32:35 +0000 2016

脂肪酸合成はアセチルCoAのカルボキシ化で始まるよ!よーいどん!
Thu Jul 28 11:15:32 +0000 2016

マロニルCoAは、アセチルCoAのカルボキシル化により生成する。(99回)
Thu Jul 28 09:06:19 +0000 2016

ファリーダックcap (パノビノスタット) ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤。 再発または難治性の多発性骨髄腫 FARYDAKの-DAKはHDAC阻害剤のDACから命名
Thu Jul 28 07:13:30 +0000 2016

次のうちアセチル化活性が低い動物はどれか?
Thu Jul 28 07:13:01 +0000 2016

【衛生】 <グルタチオン抱合> 狂ったSをあせって埋めるか 狂った:グルタチオン抱合 S:システイン あせ:N-アセチル化 埋めるか:メルカプツール酸
Thu Jul 28 04:21:36 +0000 2016

アニリンについて。アニリン+無水酢酸→1(2化) アニリンの希塩酸溶液(0~5℃)+亜硝酸ナトリウム→3(4化) 3は温度が高いと5を発生し、6と7を生成する。---------------答え:1アセトアニリド2アセチル3塩化ベンゼンジアゾニウム4ジアゾ5窒素6フェノール7塩酸
Wed Jul 27 23:10:22 +0000 2016

ステアリン酸C18H36O2は、ミトコンドリアでβ酸化を受ける際に、8回のβ酸化により各9個のアセチルCoAとFADH2とNADHを生じます。ちなみにパルミチン酸からパルミトイルCoAへの活性化に2ATP使います。
Wed Jul 27 17:11:14 +0000 2016

【後天性B】 消化管疾患によって細菌感染症のA型患者が後天的にAB型様の反応を示す現象。 脱アセチル化酵素(細菌)により、N-アセチルガラクトサミン(A型抗原決定基)→ガラクトサミンに変化し、ガラクトース(B型抗原決定基)と類似の構造となる。
Wed Jul 27 12:43:50 +0000 2016

アセチル化忘れたぞ()
Wed Jul 27 12:30:40 +0000 2016

アセチルサリチル酸はナトリウムフェノキシドに高温高圧下で二酸化炭素と反応させて、希硫酸でサリチル酸遊離させて、無水酢酸でアセチル化するけどサリチル酸の生成法他にもあった気がする
Wed Jul 27 12:29:55 +0000 2016

サリチル酸に(CH3CO)2 Oを加えるとアセチル化によってアセチルサリチル酸が生成するんだ。因みにサリチル酸はCH3OHを加えると、H2SO4を触媒として反応して(エステル化)サリチル酸メチルにもなる。
Wed Jul 27 05:37:19 +0000 2016

〇〇はTCA回路と糖新生を活性化する。        アセチルCoA
Wed Jul 27 03:07:33 +0000 2016

うんそれで合ってるはず セリン残基の求核攻撃でエステル交換によってアセチル化だったかな
Tue Jul 26 14:41:10 +0000 2016

アスピリンはCOXをアセチル化で不可逆的に阻害 →タンパク質合成能を持たない(無核)血小板には不可逆的作用 →従って抗血小板薬に転用可能
Tue Jul 26 14:37:13 +0000 2016

アスピリンはCOX活性中心のセリン残基を非可逆的にアセチル化する事によってCOXを阻害
Tue Jul 26 14:30:19 +0000 2016

 

 


http://www.lab2.toho-u.ac.jp/sci/biomol/kyanai/